お客様に選ばれる3つの理由

導入後のフォローが充実

担当のコンサルタントが定期的に施設を訪問し、しっかりとした管理・運営を行うとともに、 病院や企業の人事・総務ご担当の方へ状況報告を行なっています。また補助金の申請書類作成のお手伝いについてもお客様から重宝されています。

最適な保育所運営で人材確保を優位に

利用者の方の勤務形態や保育ニーズに応じた保育所運営を行い、仕事と子育ての両立が可能な環境を整えます。 また子育て中の方の急な採用や育休の前倒し復帰の際のお子様のお預かりなど、企業や病院の人事活動における細かいご要望にもお応えしています。

保育士の質に自信あり

お子様と1番長く接する保育士の質は保育所そのものの評価に関わります。弊社では経験豊富な保育士を中心に採用し、定期的な研修を行うことで保育サービスの質の向上を図ります。

企業内保育施設・病院内保育所設置のメリットと助成金について

企業内保育施設・病院内保育所設置には大きく分けて3つのメリットがございます。

従業員満足度を高め人材の流出を防ぎます。

女性社員の退職理由は「出産・育児」が大きな割合を占めます。しかし、企業内保育施設・病院内保育所を設置することにより、子育てをしながら女性社員が安心して働ける環境を整えることができ、社員の安定的な雇用につながります。
また昨今では男性も育休を取得するなど育児に対して積極的に介入する傾向にあり、女性だけでなく男性社員の福利厚生としても活用できます。

採用活動の大きな武器になります。

働く女性が増えている現代において、男性・女性関係なく安定して働く事のできる職場が求められています。
企業内保育施設・病院内保育所を設置することで仕事と子育ての両立を後押しでき、採用活動の際に求職者への大きなアピールになります。

企業イメージの向上につながります。

平成27年8月に成立した「女性活躍推進法」により国を上げて女性社員が活躍する環境づくりが行われています。
企業内保育施設・病院内保育所を設置することで女性社員が活躍できる職場環境を整え、女性活躍推進企業であることを示す認定マーク「えるぼし」などを利用してPRを行うことができ、企業イメージの向上が期待できます。

企業内保育施設・病院内保育所設置の設置・増築・運営に対して支援助成金を利用できます。

助成金を利用する事で企業内保育施設・病院内保育所の運営コストを削減でき、助成金によっては保育所運営で
利益を出すことが可能です。助成金の種類には以下の3つの助成金がございます。

1,企業主導型保育事業の助成金(平成28年度新設)

内閣府が主体で行っている企業主導型保育事業の助成金で、複数の企業が共同で設置する保育所でも受給することができ、助成の内容も施設整備費、運営費ともに手厚く受ける事ができます。

(助成金一例)
運営費基本額 約2,600万円(年額)

※定員12名(乳児3人、1・2歳児9人)東京都特別区、11時間開所、保育士比率50%の場合
※延長保育、病児保育、夜間保育などを実施した場合は別途加算

整備費基本額 約8,000万円

※定員30人、東京都、新設の場合
※病児スペース、一時預かりスペースなどを設けた場合は別途加算
※既存施設の改修にも補助があります

国が主導で行っている事業で、これから新たに企業内保育施設・病院内保育所の設置を行う組織の方には大変お薦めの助成金です。助成金の内容が手厚い分、申請の手続きも難しい為、申請に二の足を踏まれる方も多くいらっしゃいますが、メディフェアに任せて頂ければ手続きが円滑に対応できるようにお手伝いさせて頂きます。

2,地域型保育事業の企業内保育所助成金

平成27年4月施行された「子ども・子育て支援新制度」によって新しく支給が開始された、市町村の認可事業である地域型保育事業の企業内保育所助成金です。こちらは1以上に手厚い助成を受けることができますが、従業員の子どもだけではなく、地域において保育を必要とする子どもにも保育サービスを提供することが受給の条件であるため、従業員の子どもの施設定員に加え、地域枠定員を設ける必要があります。

(地域枠定員例)
定員10人に対して地域枠3人
定員50人に対して地域枠12人
3,院内保育事業運営費・設備費補助金

医療法人のみが受け取ることのできる院内保育事業の運営費・整備費に関する助成金です。都道府県ごとに基金を設けて支給されているケースが多く、上記1や2の助成金に比べると受給のためのハードルは低いですが、金額が少ないことが特徴です。地域によっては複数の法人での共同運営も可能ですが、あくまで看護師確保が目的の補助金であるので、受給対象となる園児数には看護師※のお子さんしかカウントすることができません。
※市町村によってはその他病院職員も可

管轄が国であったり、県であったり、医療法人でなければ受給できなかったりと様々な助成金がある中で、メディフェアでは今までに行ってきた助成金の取得実績をもとにお客様のご事情に合わせて助成金を紹介させて頂き、申請の手続きがスムーズに進むようにお手伝いさせて頂きます。

助成金の申し込みについて相談する

ページトップに戻る